ラベル 3.私の投資実践 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 3.私の投資実践 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
2020年11月20日

iDeCoのメリットは「節税」ではなく「課税繰り延べ」―2020年11月の個人型確定拠出年金(iDeCo)積立と運用成績

 

早いもので11月となり、2020年も終盤です。今年は新型コロナウイルス禍で大変な年となっていますが、なぜか株価だけは回復し、“コロナ・ショック”の暴落も遠い昔のような気がするのですから不思議なものです。そんな中、11月もいつも通り個人型確定拠出年金(iDeCo)の買付が約定しました(10月拠出分)。評価額もすっかり回復しています。ところで老後資金作りの有力なツールであるiDeCoですが、そのメリットとして節税効果を強調する人がいます。これは完全に間違いではないのですが、ちょっと誤解を招く表現でもあります。正確には「課税繰り延べ効果」というべきでしょう。そして、課税繰り延べには素晴らしいメリットがあります。それを理解すれば、やはりiDeCoは資産形成に極めて有利な制度であることも納得できると思います。
2020年11月18日

日本はアジア経済回復の恩恵を受ける―「iTrust世界株式」の2020年10月の運用成績

 

サテライトポートフォリオで少しだけ積立投資しているピクテ投信投資顧問の低コストアクティブファンド「iTrust世界株式」の2020年10月次運用報告が出たので定例ウオッチです。「iTrust世界株式」の10月の騰落率は-4.71%、参考指数であるMSCIワールド・インデックス(ネット配当込み)の騰落率は-2.79%でした。積極的な銘柄選択が裏目に出て、参考指数を大幅にアンダーパフォームしています。こうした中、ピクテでは日本株への期待を高めているようです。新型コロナウイルス禍からいち早く回復しそうなアジア経済の恩恵を日本が享受する可能性が高まってきたからです。
2020年11月16日

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」に投票しました―オンライン表彰式も寄付つきチケットを購入

 

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020」の投票が11月1日から30日まで行われています。


今年もさっそく投票しました。また、今回は表彰式がオンライン開催となったことで私のような地方在住者にとってずいぶん参加しやすくなっています。もちろん参加します。チケットもサクッと購入しました。
2020年11月12日

下げ相場でも参考指数に勝つパターンが復活―ひふみ投信の2020年10月の運用成績













サテライトポートフォリオで積立投資している「ひふみ投信」の2020年10月次運用報告書が出ました。10月の騰落率は-1.68%、参考指数であるTOPIX(配当込み)の騰落率は-2.84%でした。純資産残高は10月30日段階で1293億円(前月は1313億円)、ひふみマザーファンドの純資産残高は6183億円(前月は6567億円)となりました。10月は株式市場もやや下落しましたが、その中でも下げ幅を抑え、参考指数をアウトパフォームしています。下げ相場でも参考指数に勝つ「ひふみ投信」の“守りながら増やす”というパターンが復活しつつあります。
2020年11月3日

スーツを着るなら靴下はロングホーズの一択―私のTポイント投資大作戦(2020年10月)

 

SBI証券を使って実践しているTポイント投資大作戦の定例報告ですが、最近はすっかり“買い物日記”と化しています。2020年10月の投資ポイント数は518ポイントでした。購入したファンドは今回もニッセイアセットマネジメントの「<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックス」です。10月もSBI証券の投信マイレージサービスで付与されるのポイントに加えて、日々の買い物をYahoo!カードで決済することでTポイントを稼ぎました。さて、今月の買い物で紹介したいのがロングホーズ。スーツを着るときの靴下はロングホーズの一択です。
2020年10月31日

SBI証券が11月1日から「信託報酬還元キャンペーン」を実施

 
SBI証券でインデックスファンドを保有している個人投資家にちょっとお得なお知らせです。11月1日~30日まで「信託報酬還元キャンペーン」を実施します。


こういったサービスは、実際に還元される金額の多寡は別として、やはりうれしいものです。証券会社として長期投資や低コストファンドを広めようとする姿勢に好感を持ちました。
2020年10月24日

ちょっとは経済も正常化に近づく?―今月の積立投資(2020年10月特定口座)

 

早いもので10月ももうすぐ終わりです。この調子で2020年はあっという間に終わってしまうのでしょうか。このままでは今年は新型コロナウイルス禍がすべての年となってしまいそうです。ただ、仕事の方は少しずつ忙しくなってきました。10月は繁忙期なので、久しぶりに残業も多かった。おかげで相場どころではなかったのですが、それでも自動的に積立投資を実行できるのは助かります。なんとなくですが、経済もちょっとは正常化に近づいているのかもしれません。

2020年10月22日

iDeCoは公的年金の補完制度―2020年10月の個人型確定拠出年金(iDeCo)積立と運用成績

 

毎年のことですが9月~10月は仕事の繁忙期のため、ブログの更新頻度もガタ落ちの今日この頃。そんな忙しい中でも、しっかりと老後資金の準備ができるのが個人型確定拠出年金(iDeCo)の素晴らしい点です。10月の買付(9月拠出分)も無事に約定していました。そんなメリットの多いiDeCoですが、一部に制度の本義を誤解した議論があります。これは非常に重要なことですが、iDeCoはあくまで公的年金(国民年金・厚生年金)を補完する制度だということです。

2020年10月16日

重要イベントを控えて身構える―「iTrust世界株式」の2020年9月の運用成績

サテライトポートフォリオで少しだけ積立投資しているピクテ投信投資顧問の低コストアクティブファンド「iTrust世界株式」の2020年9月次運用報告が出ていたので定例ウオッチです。「iTrust世界株式」の9月の騰落率は-3.33%、参考指数であるMSCIワールド・インデックス(ネット配当込み)の騰落率は-3.41%でした。好調だった8月から一転し、9月は軟調な相場となりましたが、参考指数に対しては、なんとかアウトパーフォームすることができています。ただ今後、世界的に重要イベントが多く控えています。引き続き相場に対して身構えることなりそうです。

2020年10月10日

参考指数に圧倒的勝利―ひふみ投信の2020年9月の運用成績

 


サテライトポートフォリオで積立投資している「ひふみ投信」の2020年9月次運用報告書が出ました。9月の騰落率は+4.67%、参考指数であるTOPIX(配当込み)の騰落率は+1.3%でした。純資産残高は9月30日段階で1313億円(前月は1266億円)、ひふみマザーファンドの純資産残高は6567億円(前月は6535億円)となりました。8月は久しぶりに参考指数を下回りましたが、9月は再び大幅にアウトパフォームしました。9月末で「ひふみ投信」は第12期の決算となりますが、通期でも参考指数に圧倒的勝利です。受益者としては笑いが止まりません。

2020年10月9日

久しぶりに個別株ポートフォリオを組み替えへ―NTTドコモ株を市場で売却

 









先日、保有していたNTTドコモの株を市場で売却しました。ご存知の通り、NTTがNTTドコモをTOBすることになったからです。TOBによるプレミアムもあって、かなり大きな利益が出たのですが、一抹の寂しさも。NTTドコモは私の個別株ポートフォリオの主力銘柄であり、それこそ永久保有を考えていたからです。そして、NTTドコモ株の売却益も含めて、久しぶりに個別株ポートフォリオを大きく組み替えることになります。

2020年10月1日

普通のサラリーマンのお小遣いなんてこの程度のもの―私のTポイント投資大作戦(2020年9月)

 

SBI証券を使って実践しているTポイント投資大作戦です。2020年9月の投資ポイント数は397ポイントでした。購入したファンドは今回もニッセイアセットマネジメントの「<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックス」です。今月はとくに大きな買い物もなかったので、この程度の獲得ポイントでした。いくらポイントが貰えるからと言って、無駄遣いしているようでは本末転倒なのです。
2020年9月30日

収入は減少しているのに資産総額は過去最高に迫る―今月の積立投資(2020年9月特定口座)

 










9月も終わり、すっかり涼しくなってきました。この調子で、あっという間に2020年も終わってしまいそうです。今年は新型コロナのせいでで想像もしなかった出来事が相次ぎました。投資環境も“コロナ・ショック”による大暴落があるかと思えば、その後はV字回復に。まったくもって不思議な1年が続いています。今月もいつも通りの積立投資を実行していますが、改めてポートフォリオを眺めて驚きました。資産総額は過去最高に近づいているからです。 

2020年9月19日

「平均余命」は「平均寿命」よりも長い―2020年9月の個人型確定拠出年金(iDeCo)積立と運用成績

9月に入ったとたんに涼しくなってきました。いよいよ夏も終わりで、過ごしやすい季節なってうれしいです。ただ、この時期は仕事が繁忙期なので、なかなか肉体的にもしんどいです。そんな中でもSBI証券のオリジナルプランで拠出・運用している個人型確定拠出年金(iDeCo)の9月の買付(8月拠出分)が約定しました。こうやってコツコツと老後資金の一部を準備しているのです。ところで老後といえば最近、面白い記事を見つけました。一般的言われる「平均寿命」と、リタイア後のライフプランを考えるときに考慮すべき「平均余命」は、まったく別の概念だということです。
2020年9月16日

新興国の先行きは良好か―「iTrust世界株式」の2020年8月の運用成績



サテライトポートフォリオで少しだけ積立投資しているピクテ投信投資顧問の低コストアクティブファンド「iTrust世界株式」の2020年8月次運用報告が出ていたので定例ウオッチです。「iTrust世界株式」の8月の騰落率は+6.18%、参考指数であるMSCIワールド・インデックス(ネット配当込み)の騰落率は+7.56%でした。8月は非常に好調な相場でしたが、残念ながら参考指数についていくことができませんでした。それにしても好調な相場が続いています。この調子なら、本当に“コロナ・ショック”後のV字回復が視野に入ってきました。とくにピクテが先行き良好とみているのが新興国です。
2020年9月13日

家計簿アプリの隠れたメリットは口座のリアルタイム監視



ドコモ口座を通じて銀行口座から不正送金される事件が大変な騒動になっています。こういう事件があると「やっぱりネットは信用できない」「キャッシュレスは怖い」という声が増えるのでしょう。一方、やはりITを上手く活用すれば今回のような不正送金の被害に遭っても、すぐに察知して金融機関や警察に通報することもできます。その一つが家計簿アプリ。これを上手く使えば自分の銀行口座の出入金状況をリアルタイムで監視することができます。これは家計簿アプリの隠れたメリットです。
2020年9月10日

これだけ勝ちまくってるのだから、たまには負けるさ―ひふみ投信の2020年8月の運用成績



サテライトポートフォリオで積立投資している「ひふみ投信」の2020年8月次運用報告書が出ました。8月の騰落率は+6.69%、参考指数であるTOPIX(配当込み)の騰落率は+8.17%でした。純資産残高は8月31日段階で1266億円(前月は1208億円)、ひふみマザーファンドの純資産残高は6535億円(前月は6409億円)となりました。8月は世界的に株価が大きく上昇し、さすがの「ひふみ投信」も指数についていくことができませんでした。ただ、7月まで6カ月連続で参考指数をアウトパフォームするなど勝ちまくっているので、たまには負けるのも仕方ないのです。
2020年9月2日

マイレージの使い方―私のTポイント投資大作戦(2020年8月)



SBI証券を使って実践しているTポイント投資大作戦です。2020年8月の投資ポイント数は10611ポイントでした。購入したファンドは今回もニッセイアセットマネジメントの「<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックス」です。今月もとくに大きな買い物はなかったのですが、獲得ポイントはかなり多め。というのも航空会社のマイレージの有効期限切れが迫っていたので、これをTポイントに交換したからです。
2020年8月31日

この7年半で資産はどれだけ増えたのだろうか―今月の積立投資(2020年8月特定口座)



ようやく8月も終わりです。まだまだ異常な暑さが続いているので、早く涼しくなって欲しいものです。今月もいつも通りに積立投資を実行しました。思い返すと私が積立投資をスタートさせたのは2013年の初めですから、まさにアベノミクスのスタートと軌を一にしているわけです。なんとも素晴らしいタイミングで積立を開始できたものだと思います。安倍首相が辞任を発表したこともあり、この7年半でどれだけ資産が増えたのか確認してみようと思います。
2020年8月29日

ありがとう、アベノミクス―教科書通りの凡庸さと偉大さについて


安倍晋三首相が持病の悪化から総理を辞任すると発表しました。いろいろな評価があるとは思いますが、歴代最長の総理在任日数を更新したことも含めて、やはり歴史に名を残す総理大臣だったと思います。思い返せば私も資産形成を真剣に考え、実行し始めたのは、まさにアベノミクスがスタートするのと同時でした。いろいろありましたが、エキサイティングな7年半だったと思う。いま改めて考えるのは、アベノミクスとは何だったのだろうかということです。いずれ歴史が評価するでしょうが、現時点で感じるのは、その凡庸さと、それゆえの偉大さです。

関連コンテンツ

スポンサードリンク