2022年7月2日

6月は無駄遣いせず―私のTポイント投資大作戦(2022年6月)

 

SBI証券を使って実践しているTポイント投資大作戦の定例報告です。2022年6月の投資ポイント数は249ポイントでした。購入したファンドは今回もニッセイアセットマネジメントの「<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックス」です。今回はSBI証券の投信マイレージによるTポイント付与のほかは、ファミリマートなどTポイント加盟店を使うことでチマチマと稼いだ分だけです。とくに大きな買い物はしていません。久しぶりに無駄使いせずに済みました。
2022年6月29日

「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」第5期運用報告書を読む

 

三菱UFJ国際投信の超低コストインデックスファンドシリーズ「eMAXIS Slim」の運用報告書が随時更新されました。各ファンドの全体的なまとめなどは他のブロガーさんに任せるとして、今回も自分が積立投資している「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」の第5期運用報告書を確認することにします。
2022年6月28日

河野太郎さんもインデックスファンドの積立投資を推す―今月の積立投資(2022年6月特定口座)


6月は体調を崩して1週間ほど寝込んだ上に、持病の痛風の発作まで出るなど大変な1カ月でした。ようやく体調は回復し、痛風の発作も治まってきました。こういう時こそ自動化された積立投資は便利なものです。6月もなにごともなかったかのように約定していました。
2022年6月25日

上昇もいまいちの結果に―「iTrust世界株式」第6期運用報告書を読む

 

サテライトポートフォリオで少額ですが積立投資しているピクテ投信投資顧問の低コストアクティブファンド「iTrust世界株式」の第6期運用報告書(全体版)(2021年4月13日~2022年4月11日)が出ていたので読んでいきたいと思います。ファンドの騰落率は+12.0%、参考指数であるMSCIワールド指数(ネット配当込み)の騰落率は+19.2%でした。分配金は見送りです。上昇したものの、参考指数を大きくアンダーパフォームしており、いまいちの結果に終わりました。
2022年6月22日

文句をたれる前に行動する人たち―2022年6月の個人型確定拠出年金(iDeCo)積立と運用成績

 

病気で寝込んでいる間にも、SBI証券で運用している個人型確定拠出年金(iDeCo)の6月の買付(5月拠出分)が約定しています。このあたりが天引きによる拠出のありがたい点でしょう。そのiDeCoですが、冴えない相場にもかかわらず加入者は増加が続いており、やはり“文句をたれる前に行動する人たち”が存在するのだということを感じさせます。
2022年6月20日

スタグフレーションの兆し―「iTrust世界株式」の2022年5月の運用成績

 

サテライトポートフォリオで少しだけ積立投資しているピクテ投信投資顧問の低コストアクティブファンド「iTrust世界株式」の2022年5月次運用報告書です。「iTrust世界株式」の5月の騰落率は-0.45%、参考指数であるMSCIワールド・インデックス(ネット配当込み)の騰落率は+0.01%でした。5月は参考指数を若干アンダーパフォームしています。あいかわらず世界的に市場環境は極めて悪く、ピクテによると、世界の主要地域でスタグフレーションの兆しすらあるとのことです。

関連コンテンツ

スポンサードリンク