2022年1月13日

スリッポンが必要になった理由―ロックポートのカジュアルシューズを購入

 

またまた新しい靴を手に入れました。購入したのはロックポートのカジュアルシューズです。なぜこれを買ったのかというと、スリッポンタイプの靴がどうしても必要になったからです。その理由とは…。

私はドレスシューズもスニーカーも基本的にレースアップ(紐靴)しか持っていなかったのですが、最近それでちょっと困ったことが起こりました。それはズバリ、抱っこ紐を使ったときに、どの靴を履くのかという問題です。

娘も生後2カ月を超えて、最近は少しづつお出かけに連れて行けるようになりました。その時に使うのがベビーカーと抱っこ紐。とくに抱っこ紐はベビーカーを出すほどでもないちょっとしたお出かけに大活躍します。私も抱っこ紐デビューしました。


ところがここで大きな問題が。抱っこ紐をして娘を抱いたままだと、靴の脱ぎ履きの際に一人で靴紐をほどいたり結んだりできないのです。この写真の時はクラークスのレースアップを履いていたのですが、やっぱり一人では靴紐が結べない。結局、履くときは妻に靴紐を結んでもらいました(ちなみに、レースアップシューズの靴紐をほどかずに脱ぎ履きするのは絶対にやめてください。靴へのダメージが大きく、寿命がてきめんに縮みます)。

さすがにこれでは困る。そこで急遽、スリッポンタイプの靴を買うことに。普段履き用ですから手ごろな価格の商品を探していると、たまたま近所のABCマートで新年セールをやっていて、そこで見つけたのがロックポートのカジュアルシューズです。「シェルディンベネチアン」というABCマート限定(いわゆる別注)商品です。

いちおうアッパーは柔らかなヌバックレザーが使われており、ソールのクッション性も高くて履きやすい。セメント製法なのでアッパーのヌバックレザーに防水スプレーをかけてやればちょっとした雨の日でもガシガシ履くことができます。

また、この靴は踵部分に芯材が入っておらず、踵部分を踏んでサンダルスタイルで履くこともできる仕様になっています。このあたりも靴の脱ぎ履きが頻繁になるシーンでは便利でしょう。それでいてダークブラウンのカラーと、細身でドレッシーなデザインになっていますから、服にも合わせやすい。さすがにスーツには無理ですが、ジャケパンぐらいなら十分に合わせることができるでしょう。

これで抱っこ紐で娘を抱っこしたままでも靴の脱ぎ履きは万全です。ちなみに、私がまた靴を買ったことを知った妻は一瞬、鬼のような形相になったのですが、「いやいや、抱っこ紐を使う時に必要やん」と言い訳してら、なんとかごまかせました。うん、あくまで娘のために買ったんですよ。間違っても自分が欲しくなったからではないのだ、たぶん…。

関連コンテンツ

スポンサードリンク