2020年10月18日

スーツを買うならイージーオーダーがお勧め―ダブルブレストのスーツを新調













10月も半ばを過ぎて急に肌寒くなってきたので、夏物から冬物への衣替えを少しづつ行っています。勤務先もクールビズが終わったのでスーツで通勤する機会がぐっと増えました。そうなると、ついついスーツを新調したくなるもの。今年も、いつも使っているイージーオーダーの店で新調してしまいました。今回は思い切って最近トレンドになりつつあるダブルブレストに挑戦です。なかなかカッコよく出来上がりました。フィッティングもばっちり。やはりスーツを買うなら、イージーオーダーがお勧めです。

私のビジネススタイルはスーツとジャケパンが半々ぐらいの割合でなのですが、どうも最近はジャケパンが増えていました。クールビスの関係で夏場はまったくスーツを着なくなったことに加えて、持っているスーツのほとんどが10年ぐらい前に作ったものなので、なんとなく色柄やデザインが現在の好みから外れてきたからです(若い頃は調子に乗って派手なオルタネイトストライプのような着こなしの難しい色柄を選びがちだったのです)。

ところが最近は年を取ったせいか、スーツの好みがベーシックなものに変わってきました。ジャケパンスタイルはいろいろな色柄で遊びながら、スーツはクラシックなスタイルを楽しむという使い分けができるようになっています。そして、だんだんとスーツを着たいという気持ちも復活してきました。そこで昨年あたりから年に1着ぐらいのペースでスーツを新調し、ワードローブを少し入れ替えることにしたのです。

スーツを新調するとき私はいつもイージーオーダーです。なぜなら、スーツスタイルというのはサイズとフィッティングがすべてだからです。どんなに高級生地のブランドスーツを着ていても、サイズとフィッティングが合っていなければ非常にダサく見える。逆にポリエステル混の生地を使った格安スーツでも、ジャストサイズで着こなすと圧倒的にかっこよく見えるのです。

だからこそ、これだけ既製服が普及してもオーダースーツというビジネスがなくならないわけです。とくに体型が崩れてくる中高年は、既製スーツよりもオーダースーツの方が圧倒的にかっこよく着こなせるはずです。これはデザインやスタイリングである程度のごまかしが効くジャケパンスタイルとの大きな違いです。

もちろんオーダースーツは高価だという問題があります。たしかに本物のフルオーダーは私のような庶民が買えるような値段ではありません。でも、既成の型紙やパターンを調整して作るイージーオーダーやパターンオーダーなら、じつはそれほど高価ではありません。最近は低価格なイージーオーダー・パターンオーダーのテーラーも増えていますから、ちょっと高級な既成スーツよりも安いぐらいです。それでいて既製服では難しいジャストサイズとフィッティングが可能です。ちなみに、フルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーの違いは非常にややこしのですが、なかなか上手く整理してくれているブロガーさんがいました。

仮縫いの有無は無関係!もう騙されないパターン/イージー/フルオーダーの分類(Mezzoforte Lounge)

そんなわけで、昨年にネイビー無地でスリーピースを作ったお店で今回もオーダーしました。今回は思い切ってダブルブレストで作ってみました。ダブルブレストといえばバブル時代に流行った4つボタン2つ掛けや2つボタン1つ掛けのソフトスーツを連想しがちですが、最近の流行はクラシックな6つボタン2つ掛けです。

生地はダークブルーのシャドーストライプ。遠目からは無地に見えるので悪目立ちしません。ダブルブレストで重要となるボタンは海老茶色にすることでちょっとだけお洒落感を出しました。ポケットも少しだけスラントにしてスマートに見えることを狙います。裏地はもちろんキュプラで、こちらもストライプで遊び心を出しています。こういった細かなディテールを選べるのもオーダースーツの魅力です。なかなかカッコよくできたと思います。

やはり、スーツを買うならイージーオーダーがお勧めです。関心のある方は、ぜひ一度挑戦してみては。既製服とは一味違う楽しみがあると思います。

関連コンテンツ

スポンサードリンク