2018年2月24日

海外出張の役得はバンコクでのバカンス



バンコク出張も前半が無事に終了しました。今回は仕事のアポイントメントの関係で週をまたいでのバンコク滞在です。そんなわけで、土日はバンコクでバカンス。サラリーマンの役得です。とはいえ、まだ少し仕事が残っています。そこで土曜はホテルでゆっくりと朝食(冒頭の写真)をとってから午前中に仕事を片づけてしまい、ついでにこのブログも書いています。ちなみに今回の滞在ホテルはホリデイイン・バンコク・スクンビット。非常に快適で、さっそくバンコクでの定宿にすることに決めました。

バンコクでの仕事は前半戦が無事に終わりましたが、もちろん東南アジア出張の例に漏れず、小さなトラブルは続発でず。手配していたタクシーが来なかったり、交通渋滞で約束の時間に目的地にたどりつけなかったりは、それこそ平常運転。ただ、こういったことにいちいちイライラしてはいけないというのが、これまで20回近い東南アジア出張から学んだことです。こちらは日本と時間の感覚が違うのですから、それを受け入れないことに始まらない。

ちなみにバンコクに滞在するのは今回が初めてですが、非常に良かったと思うのがホテルの選択かもしれません。私はIHGのゴールドステータス会員なので、基本的にIHGチェーンのホテルに泊まるのですが、今回選んだホリデイイン・バンコク・スクンビットが実に快適。まず立地が良いです。スカイトレイン(BTS)のアーソク駅とプロンポン駅、地下鉄(MRT)のスクンビット駅まで徒歩圏。これでバンコク市内の移動がかなり楽になります(ホテルの横をBTSが走っている)。



さらに驚いたのが、各部屋に無料スマートフォンのサービスがあることです。ホテル外にも持ち出せるので大助かり。とくにGoogleマップが大活躍です。こういうサービスは初体験ですが、非常に便利なのでもっと普及して欲しいものです。



あと、ホテルには小さいですがプールもあります。朝から欧米人のおっちゃんがマジ泳ぎしてました。次に泊まるときは水着を持ってこようかな。



さて、今日午後はとくに予定も決めていないので、まずは週明けの仕事のための車の手配を済ませてから、バンコクの街に繰り出します。とりあえず食事とマッサージに行こかな(エロマッサージじゃないよ!)。日曜日も含めて、定番の観光地などにも足を運んでみようと思います。
スポンサードリンク

関連コンテンツ