2017年7月26日

しばらく様子を見てから乗り換えます―今月の積立投資(2017年7月特定口座)



早いもので7月ももうすぐ終わりです。はっきり言って今月は最悪の月でした。まず6月後半から持病の歯周病が悪化し、月初から歯茎が腫れる。またもや歯医者で切開して膿を出す治療を受けたぐらいです。しかも、こんなときに限って仕事が猛烈に忙しい。すると疲労で体の抵抗力が落ちて、また歯茎が腫れるという悪循環。はっきり言って投資どころではありませんでした。しかし、こんなときだからこそ自動積立サービスを使った積立投資が生きる。今月は証券会社のサイトには1度もログインしていないのですが、それでも淡々と積立が実行されています。そして、歯医者での治療と口腔ケアを徹底したことで、歯茎の調子も上がってきたのです。

今月もとくに変わりなく積立投資を実施しました。今月買い付けたファンドは以下の通りです。今月は自由積立で年4回購入している「ひふみ投信」の積立設定月でした。

【特定口座(SBI証券)】
ニッセイ日経225インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.25% 信託財産留保額:なし)
<購入・換金時手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.2% 信託財産留保額:なし)
たわらノーロード新興国株式
(信託報酬:税抜0.495% 信託財産留保額:0.3%)
Funds-i新興国債券・為替ヘッジ型
(信託報酬:税抜0.6% 信託財産留保額:0.3%)
世界経済インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.1%)
iTrust世界株式
(信託報酬:税抜0.89% 信託財産留保額:なし)
【直販投信】
ひふみ投信
(信託報酬:税抜0.98% 信託財産留保額:なし)

新興国株式インデックスファンドは「たわらノーロード新興国株式」を購入してきましたが、7月31日に三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」を新規設定します。信託報酬は税抜0.34%以内と、「たわらノーロード新興国株式」と比較して大幅に安い。ということで乗り換えを検討します。ただ、新規設置直後はベビーファンド方式と言えども運用が不安定になりがちなので、しばらくは様子を見ることになるでしょう。

さて、積立投資の方はいつも通りなのですが、いろいろと別の問題が出てきました。ひとつは金融資産全体のリスク資産と無リスク資産の割合の問題です。私は両者が50:50になるようにしていて、最低でも全資産の半分は現金など無リスク資産で保有することにしています。ところが最近の相場好調からリスク資産の割合が高まってきました。このため無リスク資産の割合が50%を割り込みそうです。

そこで、しばらくはキャッシュポジションを増やすことに注意したいと思います。今年もわずかですがボーナスが出ました。毎年、ボーナスが出ると調子に乗って少し個別株を買ったりしていたのですが、今はぐっとこらえているのです。はぁ、株買いてぇ。
スポンサードリンク