2016年3月17日

やっぱりハワイは素晴らしい



ハワイから帰国しました。久しぶりに南国の太陽を浴びてリフレッシュしてきました。ハワイを訪れたのは約20年ぶりですが、やっぱり素晴らしいです。とくに印象深かったのは、最終日の夕方に、夕陽に照らされるダイヤモンドヘッドに虹が架かったことでしょうか。こんな出来すぎた風景が見えるとは、ハワイは侮れません。そして振り返ると、やはり素晴らしい夕陽が見えるわけです。



せっかくなので、少しだけハワイで撮影した写真を紹介します。(そういうわけで、今回は投資とは関係のないエントリーです。)

今回はシェラトン・ワイキキに泊まったのですが、朝食のために訪れたラウンジのベランダからの風景にまず驚きです。朝日に照らされるワイキキビーチが、ガイドブックと同じ。当たり前といえば当たり前ですが、やはり絵になる場所なのです。



ハワイといえば買い物のメッカでもあるわけですが、私はあまり買い物に興味がないので、ビーチリゾートを満喫すべくホテルのプールに。日陰に入ると少し肌寒い気候ですが、日が当たる場所は十分に夏でした。とくに何をするでもなくプールで日光浴です。そして、シェラトン・ワイキキのプールはなかなか素晴らしかった。



プールだけだともったいないので、そのあとはビーチに出てやはり日光浴です。わずか数時間ほど砂浜に寝転がっていたのですが、やっぱり日焼けしてしまって体のあちこちが痛い。

食事のことも書いておきます。前回の記事で本場のステーキを堪能したことを紹介しましたが、もうひとつアメリカの食事で欠かせないのがジャンクフードです。ロイヤルハワイアン通りの露店で土産物を見たりして冷やかしていると、その裏手の横町に、それこそビルの隙間みたいな小さなスペースに簡易テーブルとテントでできたバーのような店を発見。



ちょうど昼食どきだったので、チーズバーガーとビールを注文しました。



これが予想以上に美味かった。パテからは肉汁が滴り落ち、バンズも風味・香ばしさともに申し分ありません。ビールと合わせて15ドルでしたから、物価の高いハワイにしては値段も手ごろ。こういう穴場的な場所を見つけるのも、旅の醍醐味です。

そんなこんなで、久しぶりにすべてを忘れてバカンスを満喫しました。かなりお金も使っちゃったけど、べつに気にしません。いつも書いていることですが、お金を「稼ぐ」「貯める」「殖やす」のは、すべて「使う」ことが目的なのだから。そういう意味で、今回の旅は使ったお金以上に楽しみました。やっぱりハワイは素晴らしい。また、機会を見つけて訪れようと思いました。

【追記】
今回の記事と直接関係はありませんが、吊られた男さんが、とても印象的な記事を書いていました。

節約ではなく、Smart Spending (スマートスペンディング/賢くお金を使う)でありたい(吊られた男の投資ブログ(インデックス投資))

この考え方に、私も大賛成。その意味では、今回の旅行も、なかなか”Smart Spending”だったのかもしれません。できれば今後もブログで投資のことだけでなく、"Smart Spending"の出来事についても書くことができればと思いました。
スポンサードリンク