2016年2月5日

インドネシアはビールが美味い



(今回は投資とはまったく関係のないエントリーです。)
インドネシア出張も残すところあと1日。あいかわらずトラブル続出で今日も疲れました。でも、いちいちイライラぜずに大らかな気持ちでの臨むのが東南アジアでストレスなく過ごすコツなのです。ホテルで仕事の残りを片付けてから、シャワーを浴び、お決まりのビンタンビール。ほろ酔い気分でブログ更新です。なにが言いたいのかというと、インドネシアはビールが美味い!

私は東南アジアのビールが大好きで、いく先々でローカルブランドのビールを飲むのですが、やっぱりナンバーワンはインドネシアのビンタンビールです。ピルスナータイプでやや辛口なのですが、後味が非常に軽い。つい調子に乗って飲み過ぎてしまいます。あまりお酒に強い方ではないので、飲んだ後は眠くなり、旅先でも熟睡できるというメリットもあります。

インドネシアのビールがなぜ美味いのかというと、じつは技術的に蓄積があるから。インドネシアはオランダの旧植民地ですから、独立前からハイネケンが進出していました。なんでもビンタンビールは、インドネシア独立後にハイネケンの現地工場で生産が開始されたとか。だからビンタンビールのマークはハイネケンと同じ☆印。そもそも「ビンタン」というのはインドネシア語で「星」という意味だそうです。現在でもハイネケングループに属しています。

そんなわけでインドネシアのビンタンビールはおススメです。インドネシアに来た際には、ぜひ味わってください。
スポンサードリンク