2015年11月25日

今月の積立投資(2015年11月特定口座)



早いもので2015年11月も間もなく終わりです。12月はあっという間に終わるものですから、2016年もすぐそこということでしょう。振り返ると2015年はチャイナショックなど株式相場にはいろいろと波乱もあったのですが、なんだかんだいって相場は戻しているので、やっぱりタイミングを見計らっての投資というのは難しいものだということです。ただ、ここにきて足元の景気は、やや下り坂かなというのが生活実感としてあります。また、パリ同時テロやトルコ軍によるロシア軍機撃墜などシリア情勢を中心に地政学的リスクも高まっています。実際に専門家の間からは次のような指摘も出てきました。

日経平均、来年末「1万6000円」の現実味(ロイター)

私は、こういったことは十分にあり得ると思います。それほど相場の先行きというのは、あらゆる可能性を秘めているもの。まして地政学リスクなどが加われば、全く予想は不可能でしょう。こうなってくると、やっぱりコツコツと機械的に積立投資するのが最も心理的な負担が少ないのです。そんなわけで、11月の積立投資を買い付けました。

今月、積立投資した商品は以下の通りです。

【特定口座(SBI証券)】
日本債券インデックスe
(信託報酬:税抜0.37% 信託財産留保額:なし)
SMT グローバル債券インデックス・オープン
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.05%)
Funds-i新興国債券・為替ヘッジ型
(信託報酬:税抜0.6% 信託財産留保額:0.3%)
ニッセイ日経225インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.25% 信託財産留保額:なし)
SMT JPX日経インデックス400・オープン
(信託報酬:税抜0.37% 信託財産留保額:なし)
SMT グローバル株式インデックス・オープン
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.05%)
eMAXIS新興国株式インデックス
(信託報酬:税抜0.6% 信託財産留保額:0.3%)
世界経済インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.1%)

【特定口座(三菱東京UFJ銀行)】
eMAXISバランス(8資産均等型)
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.15%)

商品内容は前月から変化ありません。ただ、ここにきてインデックスファンドの低コスト競争が加速し、私がメインに積み立てているSMTとeMAXISの信託報酬に割安感がなりました。このため一部積立商品をニッセイアセットマネジメントの〈購入・換金手数料なし〉シリーズに変更することを検討しています。しばらく他の運用会社の動向も含めて様子を見ますが、現状のままなら恐らく来年からは積立商品が変わっていることでしょう。こういった動きは今後、加速するのでは。ニッセイAM以外の運用会社は、そのあたりを真剣に考えるべきでしょう。

積立投資については以下の本が参考になります。これから積立投資をスタートさせようかどうか迷っている人は読んでみるのもいいでしょう。



また、星野氏の新著、終わりで大きく儲かる「つみたて投資」 (講談社+α新書)がこのほど刊行されました。“積立博士”とまで言われる星野氏の最新研究です。まだ読んでいないので、これから読んでみようと思います。

スポンサードリンク