2015年10月26日

フェラーリを買おうかな



私はけっこう高級ブランドが好きなのですが、高級スポーツカーブランドといえは、なんといってもフェラーリに止めを刺します。そのフェラーリが、意外と安く買えるかもしれません。フェラーリのオーナーというのも悪くありませんね。うーん、趣味の範囲で軽く買ってみようかな。

これは半分冗談ですが、半分は本当です。ご存じのとおりフェラーリが親会社だったフィアット・クライスラー・オートモービルズから分離し、21日にニューヨーク証券取引所に上場しました。公募売出価格は1株52ドルでしたが、初値で60ドルをつけ、23日の終値は56.38ドルでした。ちなみにティッカーシンボルはRACEです。

フェラーリ株、好発進(ロイター)

フェラーリ株は、日本でも外国株式口座で買うことができます。しかも最低売買単位は1株。ということは56ドルとして、日本円で7000円弱で買うことができます。フェラーリ車のオーナーになるのは難しいですが、フェラーリ社のオーナーのひとりには簡単になることができるようになりました。

ただ、中国景気の落ち込みでアジアの富裕層に大々的にフェラーリを売り込もうというマルキオンネ会長の思惑には黄色信号も出ているようです。また、事業計画もかなり強気の数字になっているようなので、はたして今の株価がフェアバリューなのかは難しいところ。

コラム:フェラーリ、IPO好調でも会長の期待には届かず(ロイター)

ということは、もう少し様子見していれば、株価も少し落ち着くかもしれません。そうなれば、ますます買いやすくなります。こういった遊びも、個別株の楽しみ方です。

もっとも、この手の会社の株は、投資ではなく完全に趣味の対象。なにしろ必需品ではく極端な嗜好品を作っている会社ですから、長期的に会社がどうなるのか予想不可能だからです。ただ、一種の伝統工芸品を作っている会社だと解釈すれば、意外と底堅いかもしれません。

それぐらいに軽く考えて、数株ぐらい買ってみようかな。飲み屋のオネエチャンに「最近、フェラーリ買っちゃったよ」と言ってからかってみるのも面白いのでは。
スポンサードリンク