2015年6月30日

今月の積立投資(2015年6月特定口座)

ギリシャで預金封鎖が実施されるなど、いよいよユーロ離脱も含めて風雲急を告げてきました。当面、世界の株式・債券市場ともに不安定な動きが続くことが予想されます。こういう相場が不安定なときこそ、主観を排した積立投資が威力を発揮する場面だといえるでしょう。今月も特定口座での積立が無事に約定しました。また、今月は3月期決算だった保有個別株の配当金も入金されました。

今月、積立投資した商品は以下の通りです。
【特定口座(SBI証券)】
日本債券インデックスe
(信託報酬:税抜0.37% 信託財産留保額:なし)
SMT グローバル債券インデックス・オープン
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.05%)
Funds-i新興国債券・為替ヘッジ型
(信託報酬:税抜0.6% 信託財産留保額:0.3%)
ニッセイ日経225インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.25% 信託財産留保額:なし)
SMT JPX日経インデックス400・オープン
(信託報酬:税抜0.37% 信託財産留保額:なし)
SMT グローバル株式インデックス・オープン
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.05%)
eMAXIS新興国株式インデックス
(信託報酬:税抜0.6% 信託財産留保額:0.3%)
世界経済インデックスファンド
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.1%)

【特定口座(三菱東京UFJ銀行)】
eMAXISバランス(8資産均等型)
(信託報酬:税抜0.5% 信託財産留保額:0.15%)
6月は3月期決算だった個別株の配当ラッシュでもありました。配当が入金された保有個別銘柄と期末配当は以下の通りです(カッコ内は証券コード)。
NTTドコモ(9437) 1株当たり35円
住友商事(8053)  1株当たり25円
クラボウ(3106)  1株当たり5円
このうち、クラボウはNISA口座で保有していますので非課税でした。やはり個別株投資の最大の楽しみは配当なのです。

さて、7月はギリシャ問題もあって株式相場は波乱が予想されるわけですが、積立投資に関しては引き続き淡々と継続していくことになります。仮に大きく下落するなら購入口数を増やすチャンスと前向きにとらえることが大切でしょう。また、個別株は案外、絶好の押し目買いのチャンスかもしれません(予想はできませんが)。
スポンサードリンク