2018年3月15日

金融庁が「はじめての投資!おススメの一冊」を募集



なにげなくtwitterのタイムラインを眺めていたら、金融庁の今井さん(imaima)が面白いツイートをしていました。金融庁が「はじめての投資!おススメの一冊」を募集するそうです。これはなかなか興味深い。ぜひ応募したいし、募集結果がどうなるのかもとても気になります。

今井さんのツイートによると、募集結果は4月21日に東京で開かれる「つみフェス2018」で発表されるとか。

こういう企画はすごくいいですね。これから投資を始めようとする人にとって有益な参考書が欲しいものですが、書店の投資本コーナーなどに行くと様々な本が溢れかえっています。それこそ玉石混交で、なかには“読んではいけない”と思えるような内容のゴミ本も多い。そんなスカを引かずに、本当に優れた本の存在を知ることができれば、投資初心者にとっても大いに助かるのでは。

やはり投資を始めるには、最初に参考書の2~3冊は読んで、最低限の知識を頭に入れてから実践した方が理解も早い。実際に私も投資を始めた頃は、いろいろな本を読みましたし、今でも読んでいます。そして、有益な本に関する情報源として投資ブロガーの記事なんかを参考にしますし、だからこそ私自身も良いと思った本はできるだけブログで紹介するようにしています。そうやって"読んではいけない"ゴミ本を避けるというのは、個人投資家同士の一種の助け合いみたいなものです。

そんなわけで今回の催しには、私も応募しようと思います。1人3冊まで紹介できますから、さてどの本を選ぼうかな。とりあえず、資産運用全般について総合的に学べる本
を1冊、インデックス投資について実戦的に紹介した本を1冊、現在の個人投資家にとって有効な投資手法などについて考察した本格的な本1冊を選ぼうかなと考えています。

こういった募集は、たくさんの意見が出た方が盛り上がるでしょうから、関心のある方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか(締め切りは2018年3月30日)。
スポンサードリンク

関連コンテンツ