2017年5月16日

こんなに嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァ―関西電力が復配していました



先日の記事で保有する関西電力の株が大幅な含み損を抱えたまま無配になっているということを書いたのですが、親切な読者さんからメッセージをいただき、なんと2017年3月期の期末配当から復配となっていることを教えてもらいました(当該記事も修正しました)。

業績予想および配当予想の修正に関するお知らせについて(関西電力)
平成29年3月期決算短信[日本基準](連結)(同)

まったく迂闊な話で、IR情報すらまともにチェックしていなかったというのですから株主失格です。でも、これで6月には実に5年ぶりに配当金を受け取ることができます。こんなに嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァ。

関西電力の株は祖父から譲られたものですが、東日本大震災と福島第一原発事故による原発稼働停止以来、株価は暴落し大幅な含み損状態となっていました。2012年から配当も無配になっていたので、最近ではすっかり株価やIR情報をチェックするのも嫌になり、完全にほったらかし。それで今回も復配という重大な情報に気付かいないという失態を演じたわけです。

まあ、それでも別にいいです。配当金さえもらえれば、まだまだこの株を持ち続けることができます。ここ数年は個別株投資の難しさと厳しさを教えてくれた関西電力株ですが、久しぶりに株式を保有し続ける喜びも体験させてもらいました。

関係のない人にはまったくどうでもいい記事ですが、あまりの嬉しさにブログで報告せずにはいられなかったということで今回はご容赦のほどを。
スポンサードリンク