2016年6月11日

エクソンモービルに投資―米国株投資のポートフォリオが完成



米国株が少し下げていたので、以前に少し円高になったときに調達していた米ドルを使って新たにエクソンモービルの株を買ってみました。これで保有する米国株は5銘柄となります。今年から始めた米国の個別株投資ですが、これでポートフォリオは一応の完成です。投資のコアはあくまでインデックスファンドとETFですが、やっぱり少しは個別株を保有するのも楽しいです。とくに米国株は少額から買えるので、日本の個別株よりもサテライト投資に向いているのかもしれません。

新たにエクソンモービル株を購入したことで、すでに保有する銘柄と合わせて米国の個別株のポートフォリオは以下の5銘柄で構成することになりました(カッコ内はティッカー)。

ゼネラル・エレクトリック(GE)
エクソンモービル(XOM)
ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
マイクロソフト(MSFT)
ボーイング(BA)


このうち、ポートフォリオのコアとなるのはGEとXOM。GEは事業再編の途中ですが、インフラ関連の受注が好調で当面は受注残をこなしていくだけで安定的にキャッシュフローを稼げるのではないかという読みです。XOMに関しては、原油安も底打ちしつつありますから、このあたりで買っておかなといけないという判断でした。石油関連の銘柄に関しては現在の米国株の中ではど真ん中の銘柄だと考えています。

とはいえ、まだまだ世界経済は先行き不透明ですから、ディフェンシブ銘柄も組み込んでおく必要があります。そこで選んだのがJNJ。実際に保有してみると、じつに手堅い銘柄だと実感しています。MSFTは少しギャンブル的な感覚で買いました。これも事業構造を大きく変えようとしている段階ですが、成功すればいろいろと楽しいことになるのではと期待。BAは単純に飛行機ファンとして趣味的に少額だけ保有しているのですが、じつはいまのところ保有銘柄中、もっとも値上がりしている銘柄です。こんなことならもっとオーバーウエートしておけばよかった。これだから相場は難しい。

とりあえず、当面の間はこのポートフォリオで米国の個別株に投資することになります。あとは株価を見ながら、適当なところで押し目を拾って追加投資する予定です。もちろん、銘柄研究も続けているので、場合によってはさらに別の銘柄を買うこともありかもしれません。

インデックス投資家というと、どちらかというと個別株投資に消極的だと思われがちなのですが、私はインデックス投資と個別株投資の二刀流。しかもインデックス投資はガチガチの積立投資派ですが、個別株投資は下手は下手なりにタイミングを計って資金を投入するスタイルです(もっとも、安値で買えるのはまれですが)。ただ、バイ&ホールドというのは共通していて、じっくりと投資対象の成長を待つようにしています。

投資の世界は懐が広いですから、様々な投資スタイルが共存できます。だから、個人でも複数の投資スタイルを実践してもいい。それぞれの楽しさとしんどさが分かります。結局、自分にとってもっとも面白いやり方を続けるのが最適なのでしょう。私自身は、インデックス投資の楽しさと個別株投資の楽しさ両方を堪能しています(そして、それぞれのしんどさも)。

【関連記事】
米国株、買ったのはこの銘柄-マネックス証券の利便性が向上しました

【ご参考】
米国株に投資する場合、手元にあると便利な1冊が米国会社四季報です。ブログでも紹介しましたのでよろしければ参照ください。

『米国会社四季報2016年春夏号』―米国株投資の必携書

スポンサードリンク