2016年5月21日

万年平社員から卒業することになりまして



私は今の勤務先に中途採用で入社して11年目になります。これまで万年平社員のつもりで気楽なサラリーマン生活を送っていたのですが、思いがけず昇進することになり、月曜日から係長になります。とは言って従業員50人以下の中小零細企業ですから、平社員時代の仕事はそのままに、係長としての業務が追加されてしまいます。朝のミーティングにも参加しなければならなくなったので、これまでよりも出社時間も早くなる。ますます仕事が忙しくなりそうです。

サラリーマンになってこのかたリーダー的な仕事はまったくしてこなかったので、いったい何をすればいいのかさっぱりわからないのですが、上司からは「現場が若返りしているので、若手の指導をやってもらう」と言われました。うーん、何人か困った若手社員の顔が浮かぶのですが・・・。あと、すでに課長代理になっている年下の同僚からは「なんでも『はい、はい』といっていると、どんどん仕事を押し付けられるから気をつけろよ」とのアドバイスもありました。そんなもんなんですかね。

そんなわけで戸惑いいっぱいなのですが、うれしいこともあります。わずかですが手当が付くので給料がちょっとだけ増えることに。これは非常にうれしい。。まあ、係長というのは管理職ではなく現場のリーダー職ですから、雑用係的な側面があります。実際に異動する前任者は、かなりの仕事量をこなしていました。なので、せめて手当ぐらいもらわないとやってられないわけです。

そんなわけで、万年平社員から卒業します。来週からは仕事もこれまで以上に忙しくなりそう。でも、うまくやりくりしてブログの更新は続けていきたいと思います。
スポンサードリンク