2016年7月3日

個人凍死家テリーさんはとても愉快な人でした―関西インデックス投資オフ会に参加しました



久しぶりに関西インデックス投資オフ会に参加しました。今回は、あの個人凍死家テリーさんを迎えての開催です。Twitterでいつも楽しく交流させていただいているテリーさんは、もっともオフラインでお会いしたかった人でした。それで実際にお会いすると、やっぱり想像通りのとても愉快な人でした。なんというか、心の広さがにじみ出ていて、話していてじつに気持ちがいいのです。おかげで私の方がビールを飲み過ぎ、すっかりいい気持ちになれました。やっぱりオフ会は楽しいです。

今回もオフ会の会場は西梅田の“高級イタリアン”です。以下の参加者8人でにぎやかにやりました。

個人凍死家テリーさん(個人凍死家テリーのバーチャルファンド運用室(仮称)

ピヨママさん(ピヨママの投資と家計と子育てと

ローズマリーさん(ローズマリーランド

くは72さん(4+4=6でもない。8はパーなのだ。

Livamozさん(インデックス投資関連の備忘録と趣味の旅行記

かえるオノウさん(かえるの気長な生活日記。

チイミイママさん

そして私。仕事で大阪出張中のテリーさんに加え、Livamozさんは今回もわざわざ遠征してきてくれました。すっかり関西オフ会の準レギュラーといったところでしょうか。しかも翌日にはテリーさんと同和鉱業片上鉄道を見に行くのだとか。うーん、“鉄”の結束と行動力はスゴイ。

テリーさんとは初対面ですが、会った瞬間から打ち解けてしまいました。普段からTwitterでやり取りしていて、つねづねテリーさんの中庸、洒脱、ときに辛辣なコメントには感心しているのですが、実際にお会いすると、まさにイメージ通りの良識人。なによりも柔らかな精神の持ち主です。そんなテリーさんとお話するのは、じつに愉快で気持ちがいいです。ファンドの手数料の多寡に関する認識やラップ口座の是非、投資は自由に楽しく続けられないといけないといった考え方で大いに共感した次第です。これは強調しておきたいですが、テリーさんは超インテリだし、投資上級者です。ようするに大人の嗜みとして投資を自然と生活の中に組み込んでいるところがさすがなのです。

とはいえオフ会では、やっぱり投資の話はほどほどで、完全に雑談中心。Brexitショックで各人とも少なからず資産を目減りさせているはずなのですが、深刻な話がまったく出ないところがさすがです。ときおり保険とか年金受給条件とかテクニカルな話題に及ぶと、かえるオノウさんが的確な答えを話してくれます。さすがプロ。私のようにビールが回って「保険は“収支相等”が大原則だ」「保険を損得勘定で考えてはいけない」とか原則論を連呼しているだけなのとは大違いです。また、今回もローズマリーさんの折り紙作品披露がありました。でも、新婚さんなのに相方君をほっといてオフ会に参加していて、やきもち焼かれたりしないのかな。

こういう楽しい会をセッティングしてくれるピヨママさんに、今回も感謝。やっぱりオフラインでいろいろな人と話できるのは貴重なのです。そして来週は、私が東京に遠征します。インデックス投資ナイトに参加するためですが、その前にテリーさんが幹事長となって有志による0次会があり、こちらも参加することになっているのです(くは72さんも参加予定)。ここでも新たな出会いがあるでしょうから、いまから楽しみ。そしてテリーさん、次は東京で楽しみましょう。
スポンサードリンク